「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」(10/19-1/26) (国立西洋美術館)

■□■ 「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」の開催概要 ■□■

会期:2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日)
会場:国立西洋美術館(台東区上野公園7番7号)
https://windam.smartseminar.jp/cc/0m4Y6j0w1kPve1G
主催:国立西洋美術館、ウィーン美術史美術館、TBS、朝日新聞社
共催:日本経済新聞社
後援:オーストラリア大使館、オーストリア文化フォーラム、BS-TBS
特別協賛:大和ハウス工業株式会社
協賛:三井物産、みずほ銀行、大日本印刷
特別協力:ぴあ、TBSラジオ
協力:ANA、ルフトハンザカーゴ AG、西洋美術振興財団
展覧会公式ウェブサイト:https://windam.smartseminar.jp/cc/0m4Y6k0w1kPve1H
展覧会ツイッター:@habs2019

————— プレスリリースより一部抜粋 —————

広大な領地を支配下に収め、神聖ローマ皇帝を代々世襲するなど、
ヨーロッパの歴史の表舞台常に脚光を浴びてきたハプスブルク家。
同家の人々はまた、絵画や工芸品、武具などからなる豊かな
コレクションを築いたことでも知られています。

その主要部分は現在、ウィーン美術史美術館に収蔵されていますが、
オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、
同館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家の
コレクションをご紹介します。歴史を彩った同家の人物たちを
紹介しつつ、蒐集の歴史を軸として、コレクターごと、時代ごとに
その個性や傾向を浮き彫りにしていきます。

————— プレスリリースより一部抜粋 (追記)—————

13世紀末にオーストリアへ進出後、同地を拠点に勢力を拡大し、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。
15世紀以降、神聖ローマ皇帝の位を世襲し、ナポレオン戦争を引き金に同帝国が解体したのちは、
後継のオーストリア帝国(1867年にオーストリア・ハンガリー二重帝国に改組)を統治しました。
数世紀にわたって広い領土と多様な民族を支配し、ヨーロッパの中心に君臨し続けた同家は、
まさに欧州随一の名門と言えるでしょう。
ハプスブルク家の人々はまた、豊かな財とネットワークを生かして、
質量ともに世界屈指のコレクションを築いたことでも知られています。
そのうちオーストリアを拠点とし続けた同家本流による蒐集品の主要部分は、
今日のウィーン美術史美術館における収蔵品の核となっています。
オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、
同館の協力のもと、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など約100点、
5章7セクションから、そのコレクションの歴史をみていきます。
ハプスブルク家のコレクションの礎を築いた神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世(1459-1519)から、
美術史美術館の建設者でもあるオーストリア・ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」こと
フランツ・ヨーゼフ1世(1830-1916)まで、同家の人々の紹介も兼ねつつ、
時代ごとに蒐集の特色やコレクションに向けられたまなざしを浮き彫りにしていくことが本展のねらいです。

タイトルとURLをコピーしました