「―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展」(1/18-3/15)(静嘉堂文庫美術館)

exhibition

■□■ 静嘉堂文庫美術館 「―「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展」 の開催概要 ■□■

会期:2020年1月18日(土)~3月15日(日)
 [休館日:毎週月曜日(ただし、2月24日は開館)、2月25日(火)]
会場:静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本2-23-1)

————— プレスリリースより一部抜粋 —————

中国宋代(960~1279)の陶磁器は「宋磁」[そうじ]と称され、
中国の工芸文化のひとつのピークを示すものとして
世界的に評価されています。

2020年は、近代における宋磁蒐集の契機となった
北宋の町「鉅鹿」[きょろく]遺跡と磁州窯の陶器の再発見から
およそ100年にあたります。

磁州窯は、白化粧[しろげしょう]や黒釉を用いた
独特の文様表現によって、装飾性豊かな陶器を
生み出しました。本展ではまとまって公開されることの
少なかった館蔵の磁州窯とその周辺の陶器をはじめ、
国宝「曜変天目(稲葉天目)」など宋磁の名品を紹介します。 

================================================

タイトルとURLをコピーしました