「ボストン美術館展 芸術×力」(4/16-7/5) (東京都美術館)

exhibition

━━ 展覧会概要 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

展覧会名:ボストン美術館展 芸術×力
会期:2020年4月16日(木)〜2020年7月5日(日)
※4月16日(木)~24日(金)に限り、一部の作品の写真撮影ができます。
会場:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36
展示室:東京都美術館
時間:9:30〜17:30(最終入室時間 17:00)
※金曜日、5月20日(水)、6月17日(水)は20:00まで
休館日:月曜日
※ただし、5月4日(月・祝) 、6月29日(月)は開室
※開室・休室の日時は変更になる可能性がございます。最新情報は公式HPをご覧ください。
観覧料:一般 1,600円(1,400円)
大学生・専門学校生 1,300円(1,100円)
高校生 800円(600円)
65歳以上 1,000円(800円)
※団体割引の対象は20名以上
※中学生以下は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※5/20(水)、6/17(水)はシルバーデーにより65歳以上の方は無料。当日は混雑が予想されます
※毎月第3土曜日・翌日曜日は家族ふれあいの日とし、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住、2名まで)は一般当日料金の半額*いずれも証明できるものをご持参ください
※都内の小学・中学・高校生ならびにこれらに準ずる者とその引率の教員が学校教育活動として観覧するときは無料(事前申請が必要)
◆ 前売券発売期間:2019年12月25日(水)-2020年4月15日(水)
◆ チケット販売所:日テレゼロチケ、東京都美術館、ボストン展オンラインチケット(公式HP)、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあ、セブンチケットほか、主要プレイガイドにて販売
※グッズ付きなどのお得なチケットも販売します。詳細は別紙(ファイル:イベント情報 ダウンロード)、または展覧会公式HPをご覧ください。
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:【「ボストン美術館展 芸術×力」特設WEBサイト】
https://www.ntv.co.jp/boston2020/
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、
ボストン美術館、日本テレビ放送網、BS日テレ、読売新聞社
後援:アメリカ大使館
協賛:大日本印刷
協力:日本航空、日本通運、JR東日本、CS日テレ、ラジオ日本、 文化放送、TOKYO MX、テレビ神奈川
企画協力:NTVヨーロッパ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「ボストン美術館展 芸術×力(げいじゅつとちから)」

世界有数の幅の広さと質の高いコレクションを誇るボストン美術館。同館の設立150周年という記念すべき年に開催される本展では、この貴重なコレクションの中から「芸術と力」に焦点を当てたおよそ60点を展示します。エジプトのファラオやヨーロッパの王侯貴族や皇帝が自らの権力を誇示するためにつくらせた彫像や肖像画、世界各国の宮廷を彩った装飾美術、日本の大名が自ら描いた花鳥図などを通し、現在、私たちが鑑賞している芸術作品が、古来から担ってきた社会的役割に注目します。
また、ボストン美術館が誇る日本美術コレクションの中でも傑出した存在である二大絵巻が、本展のために里帰りを果たします。遣唐使・吉備真備(きびのまきび)の活躍を描いた《吉備大臣入唐絵巻》と、平治の乱をテーマにダイナミックな戦いの様子を描いた《平治物語絵巻》。「日本にあれば国宝」とも言われる2作品が揃って展示される極めて貴重な機会となります。

◆ 本展のテーマ ー ボストン美術館展 芸術×力ボストン美術館(日本美術課長 アン・ニシムラ・モース)古今東西の権力者たちは、その力を示し、維持するために芸術の力を利用してきました。威厳に満ちた肖像画は権力を強め、精緻に描写された物語はその力の正統性を示します。また、美しい工芸品は宮廷を彩り、ときに外交の場で活用されてきました。時の一流の画家や職人につくらせた芸術品は、今も見る人々を圧倒する荘厳な輝きを放っています。そして、多くの権力者たちは、自らも芸術をたしなみ、またパトロンとして優れた芸術家を支援したほか、貴重な作品を収集しました。彼らが築いたコレクションは、今日の美術館の礎ともなっています。本展覧会では、エジプト、ヨーロッパ、インド、中国、日本などさまざまな地域で生み出された約60点の作品をご紹介します。私たちが鑑賞する芸術作品が本来担っていた役割に焦点を当て、力とともにあった芸術の歴史を振り返ります。
◆ ボストン美術館とは
ボストン美術館は、1870年にボストン市民をはじめとする有志によって設立され、1876年のアメリカの独立100周年記念日(7月4日)に開館しました。古代エジプト、アジア、ヨーロッパ、アメリカの美術をはじめ、古代から現代までを収集し、そのコレクションの質の高さと百科事典的な幅の広さで知られています。
2020年に設立150周年を迎えるボストン美術館は、現在も拡張をつづけています。2010年には、別館となるアメリカ館が設けられ、南北アメリカ大陸の美術の流れを概観できるようになりました。また、2011年には現代美術のための新しい展示室が設けられ、これまでの作品とのつながりを意識しながら、今日の美術の動向にも触れることができます。開館当初およそ6,000点だったコレクションは、現在では50万点近くに及び、毎年約120万人もの来館者を迎えています。

タイトルとURLをコピーしました