「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」(練馬区立美術館) (2/21-4/12)

exhibition

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このたび、練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
「生誕140周年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」を
開催する運びとなりました。
1880年(明治13)に京都市上京区に生まれた津田青楓(1880~1978、本名・亀治郎)
は、1896年(明治29)に生活の糧として図案制作をはじめたことから画家人生の
第一歩を踏み出します。
以後、洋画、日本画、本の装幀、書とさまざまな分野で足跡を残した青楓ですが、
これまでまとまったかたちで作品やその生涯を紹介する回顧展は開催されていません。

大規模な初の回顧展となる本展では、交友のあった夏目漱石と経済学者河上肇、
それに私淑する良寛和尚と、津田がもっとも影響を受けた3人を軸にしながら、
青楓の作品や関連資料約250点を通して、彼の生きた明治・大正・昭和の時代を
振り返ります。 <練馬区立美術館リリース資料より。>

≪展覧会情報≫

展覧会名 生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和
英 訳  The 140th Anniversay of Disobedient Painter Tsuda Seifu 
      Following His Footsteps Throughout Meiji, Taisho, and Showa
会 場  練馬区立美術館
会 期  2020年2月21日(金)~4月12日(日)
     ※会期中展示替えがあります。
休館日  月曜日(ただし、2月24日(月・休)は開館、翌25日(火)は休館)
開館時間 10:00~18:00 ※入館は17:30まで
観覧料  一般1,000円、高校・大学生および65~74歳800円、
     中学生以下および75歳以上無料(その他各種割引制度あり)
     ※一般以外の方(無料・割引対象者)は年齢等の確認できるものを
      お持ちください。
主 催  練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
特別協力 笛吹市青楓美術館
助 成  公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
ホームページ https://www.neribun.or.jp/museum/

タイトルとURLをコピーしました