「開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレック展」(10/24-1/17) (三菱一号館美術館)

exhibition

***************************************************************
            三菱一号館美術館 
開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレック展
***************************************************************
【展覧会場情報】

■展覧会名 開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレックとソフィ・カル展
■会 場  三菱一号館美術館(住所:東京都千代田区丸の内2-6-2)
■会 期  2020年10月24日(土)~2021年1月17日(日)*展示替えあり
      ※本展覧会の会期は変更となる場合がございます。
■開館時間 10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで
     (祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21時まで)
■休館日  月曜日*と展示替え11月24日(火)、25日(水)、
      年末年始の12月31日(木)、2021年1月1日(金)
      ※月曜日が祝日の場合とトークフリーデー
       10/26(月)、11/30(月)、12/28(月)、2021/1/4(月)は開館
■お問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル) 
■展覧会サイト:https://mimt.jp/visions

—————————————————————–

     <<  プレスリリースより一部抜粋  >>

★☆★☆★ 本展の3つの見どころ ★☆★☆★ 

【Point1】
当館の所蔵作品を代表する画家、ルドンとロートレックに注目

2020年の三菱一号館美術館開館10周年の最後を飾る本展覧会は、当館の所蔵作品を代表する画家であるルドンとトゥールーズ=ロートレックに焦点を当てて構成します。
全く対照的なこの二人の画家は実は、同時代に活躍をしていたのです。
当館と岐阜県美術館の所蔵作品を中心に、国内外あわせて100点を超える作品で構成します。

【Point2】
三菱一号館が誕生した「1894年」

丸の内初のオフィスビルとして旧三菱一号館は、1894年に竣工しました。
この年は、ルドンが色彩の作品を初めて発表した年であり、ロートレックの特に多作な時期(1893-95年)でした。
またロートレック、ルドン、ゴーガンが参加した『レスタンプ・オリジナル』刊行年(1893-95年)とも重なります。
本展覧会は「1894年」を軸に展開します。

【Point3】
開館以来初めて本格的に、現代アーティストとのコラボレーションを実施!
ソフィ・カルと《グラン・ブーケ》が共演!

過去と現在を繋げ、開館以来初となる試みとして、現存作家とのコラボレー
ションを行います。
フランスを代表する現代アーティストのソフィ・カルが、当館所蔵のルドン
作《グラン・ブーケ》から着想を得た新作や国内初公開作品を含む約20点を
展示します。

ソフィ・カル氏とのコラボレーション展示は中止となりましたが、本展は、
ルドンとトゥールーズ=ロートレック及び三菱一号館創建年1894年に焦点を当て、当館と岐阜県美術館(国内の主要なルドン作品所蔵館)の収蔵作品を中心に、国内外の美術館の油彩や版画約140点を紹介し、その年代の美術潮流を展覧する主軸の内容に絞って実施いたします。
尚、ソフィ・カル氏より本展の企画に至るまで、そして今回実現できなかった経緯についてメッセージをいただきました。こちらは、後日公開を予定しております。(7/10現在)

—————————————————————–

タイトルとURLをコピーしました