「SOMPO美術館開館記念展 珠玉のコレクション—いのちの輝き・つくる喜び」(7/10-9/4) (SOMPO美術館)

exhibition

■□■ SOMPO美術館開館記念展 珠玉のコレクション—いのちの輝き・つくる喜び の開催概要 ■□■

展覧会名:SOMPO美術館 開館記念展 珠玉のコレクション—いのちの輝き・つくる喜び
     Commemorative Special Exhibition, Sompo Museum of Art
     Selected Works from the Collection: The Glow of Life and Joy of Artistic Creation
会  期:2020年7月10日(金)〜9月4日(金) 日時指定入場制
休 館 日 :月曜日(ただし8月10日は開館)
開館時間:午前10時〜午後6時(最終入館は午後5時30分まで)
会  場:SOMPO美術館
     ※4月に「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」より改称
   〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 新宿駅西口より徒歩5分
主  催:SOMPO美術館、読売新聞社
協  賛:損保ジャパン
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
美術館公式サイト:https://www.sompo-museum.org/
チケット:日時指定入場制(一般1,000円 大学生700円)
 以下の時間内にご入場いただきます。
 ㈰10時〜11時 ㈪11時〜12時 ㈫12時〜13時 ㈬13時〜14時
 ㈭14時〜15時 ㈮15時〜16時 ㈯16時〜17時半
※時間入替制ではありませんが、1時間以内での鑑賞にご協力を
 お願いいたします。混雑状況によっては入場に時間がかかる場合があります。

————— プレスリリースより一部抜粋 —————

新美術館のオープンを飾る本展では、当館のコレクションの中でも
際立つ優品を集め、フランス近代絵画の中でも人気の高い
ゴーギャンやセザンヌ、ユトリロをはじめ、日本画壇の重鎮である
東山魁夷や平山郁夫なども幅広く紹介します。ゴッホの《ひまわり》は、
特別に設計したスペースで、これまでよりも近くから鮮やかな
その色彩をご覧いただけます。

また、修復を終えた山口華楊とルノワールの作品も見どころです。
大正・昭和期に京都で活躍した日本画家、山口華楊による
初期の大作《葉桜》の屏風絵は、全面的な修復を行い、
約10年ぶりに公開します。ルノワールの《浴女》は古いニスの
除去によって、本来の明るい色彩を取り戻した姿で展示します。


タイトルとURLをコピーしました