「練馬区立美術館開館35周年記念 Re construction 再構築展」(7/8-9/27) (練馬区立美術館)

exhibition

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本年、練馬区立美術館は開館35年目を迎えます。
これを記念し、現代の作家とともに当館の所蔵作品を再解釈し、新たな視点を提案
する展覧会を開催します。

参加作家は、青山悟、大小島真木、冨井大裕、流麻二果の4名。各作家へ当館所蔵
作品を再構築した作品制作を依頼。
プレ展示(2階展示室のみ使用)においてその制作過程や思考・テーマを紹介し、
新作旧作合わせて本展示にて公開します。
これは美術館の核となる所蔵作品と、鑑賞者との関係を、作家の目を通して問いか
ける試みともなります。

つきましては一般公開に先立ち、次の通り特別鑑賞会を開催いたしますので、ご多
用のこととは存じますが、ご高覧かたがた来場賜りますよう、ご案内申し上げます。

[同時開催] 小企画展示:旧国立競技場の大沢昌助の壁画 

【特別鑑賞会の概要】

開催日 令和2年8月8日(土)
内覧会 15:30~17:00 
会 場 練馬区立美術館
https://www.neribun.or.jp/access/museum.html

*ご来場の際は、本メールのプリントアウトしたものを受付にお渡しください。
*15:30~順次ご観覧いただけます。必ず15:30以降にご来場ください。
*当日ご来館になられない場合は、会期中2名までご鑑賞いただけます。
*ご来場の際は、【新型コロナウィルス感染予防対策について】
https://www.neribun.or.jp/museum_new/detail_m.cgi?id=202005291590743708
 を必ずお読みください。
*駐車場はございません。ご了承ください。

≪展覧会情報≫

展覧会名:練馬区立美術館開館35周年記念 Re construction 再構築展
会 場 :練馬区立美術館 
会 期 :【プレ展示】2020年7月8日(水)~8月2日(日)  無料 2階展示室のみ
     【本 展 示】2020年8月9日(日)~9月27日(日) 有料
休館日 :月曜日
     (ただし、8月10日(月・祝)、9月21日(月・祝)は開館、8月11日(火)、
      9月23日(水)は休館)
開館時間:10:00~18:00 ※入館は17:30まで
観覧料 :【プレ展示】無料
     【本 展 示】一般800円、高校・大学生および65-74歳600円、
           中学生以下および75歳以上無料(その他各種割引制度あり)
           ※一般以外の方(無料・割引対象者)は年齢等の確認できる
            ものをお持ちください。
主 催 :練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
ホームページ:https://www.neribun.or.jp/museum/


タイトルとURLをコピーしました