「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」(10/10-12/15) (パナソニック汐留美術館)

exhibition

■□■ 「分離派建築会100年展 建築は芸術か?」の開催概要 ■□■

会  期:2020年10月10日(土)~12月15日(火)
会  場:パナソニック汐留美術館(東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F)
     https://windam.smartseminar.jp/cc/0m4Y9a0w1kPve4x
開館時間:午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
休館日 :水曜日
入館料 :一般:800円/65歳以上:700円/大学生:600円/中・高校生:400円/小学生以下無料
     ※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
主  催:パナソニック汐留美術館、朝日新聞社
後  援:一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会、
     一般社団法人DOCOMOMOJapan、建築史学会、港区教育委員会
協  賛:株式会社 アール・アイ・エー、株式会社 石本建築事務所、株式会社山田綜合設計
協  力:一般財団法人デジタル文化財創出機構
学術協力:分離派100年研究会
会場構成:木村松本建築設計事務所
お問合せ:050-5541-8600(NTTハローダイヤル)

————— プレスリリースより一部抜粋 —————

大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトをもって
現れた新星たちがいました。日本で最初の建築運動と
される分離派建築会です。

大正9(1920)年、東京帝国大学建築学科の卒業を
ひかえた同期、石本喜久治、滝澤真弓、堀口捨己、
森田慶一、矢田茂、山田守によって結成され、その後、
大内秀一郎、蔵田周忠、山口文象が加わり、
昭和3(1928)年まで作品展と出版活動を展開しました。

結成から100年目の2020年。本展は、図面、模型、
写真、映像、さらには関連する美術作品によって、
変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返ります。

分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。
日本近代建築の歩みのなかで果たした彼らの役割を、
新たな光のもとに明らかにしていきます。

================================================

タイトルとURLをコピーしました